佐藤洋子バレエスクール 佐藤洋子 先生 - 習い事・教室の検索 - 学(まなび)の発見ポータル

行きつく果てのない夢に向かって

学(まなび)トップ > 「たなかのりこ」とキッカケさがし > 佐藤洋子バレエスクール 佐藤洋子 先生

Text and Photography by たなかのりこ

「バレエの先生になる!」

バレエの先生になる!

バレエの教室に通う前から「バレエの先生になる」と思ったという佐藤先生。幼い頃見た少女雑誌のグラビアで、人生を決める大きな出会いがあったのである。

バレリーナの森下洋子さんや大原永子さんのエレガントな姿を見て、憧れを大きく膨らませていった先生がバレエを習い始めたのは小学校3年生のとき。

お父様の勧めだったという。きっと毎日バレエの話をしていた夢見るお嬢さんのために、いいバレエ教室はないものかと探されたのではないかと思う。

「たくさんのレッスンと大きな経験」

たくさんのレッスンと大きな経験

「レッスンで辛い思い出はなかったのですか?」

と先生に尋ねても、子供の頃辛かったと思った記憶がない・・・そう回答が返ってきた。毎年行われていたという夏の合宿も楽しくてたまらなかったのだそうだ。

18歳には大阪の先生の内弟子に入り、その後5年間みっちりとレッスンしていた。そのレッスンは多少辛いと感じることはあったものの、今ではその経験も先生にとって『財産』だおっしゃる。当時所属していたバレエ団での公演は大きな喜びだったともおっしゃる。

初めから目標をしっかりと捕らえ、少しもブレることなく憧れの道へと進まれた先生は、きっと厳しいレッスンであっても素敵な時間を過ごし、そして経験を重ねたと感じているのだろう。

「質の良い舞台を作ること・・・。」

質の良い舞台を作ること・・・。

先生が常に求めている目標である。

沢山の生徒さん達にバレエを教えもっともっとバレエの魅力を伝えること。そして質の良い舞台づくりを考え、大勢のお客様に見てもらうことが、先生にとってきっとなくなることのない目標であり喜びなのではないだろうか。

憧れのバレエの先生となってから32年間に497人もの生徒さんを指導されてきたそうだ。中にはそのままバレエの道を進まれた方もおり、もちろん指導者として活躍されている方もいるそうだ。そして生徒さんの中では数少ない男性であった先生の息子さんが現在は佐藤先生とともに教室で指導をされているという。

先生は、指導した生徒たちがそれぞれ進むべき道へ進んでいった姿を嬉しく思いながら、バレエのレッスンを通じて自分自身を表現し自分を磨いていくことを願っている。

インタビューデータ(詳細)

主催者
佐藤洋子
教室名
佐藤洋子 バレエスクール
場所
湯沢市西新町10-9
教室の詳細
湯沢教室
チューリップクラス 日曜日 午前9時50分より 小学校3年生以上
スミレクラス 日曜日 午前11時20分より 小学校3年生以上
ジュニアクラス 火曜日 午後6時より 中学生以上
  日曜日 午後5時より  
本科 月曜日 午後7時30分より 一般
 
横手教室(労働福祉会館)
児童科 土曜日 午後1時より 3歳以上
ジュニア科 土曜日 午後2時30分より 小学校3年生以上
  木曜日 午後7時より  
 
大曲教室(大友ダンススタジオ)
児童科 日曜日 午後11時より 3歳以上
ジュニア・一般  日曜日 午後12時30分より   
問い合わせ
TEL:0183-73-0212

 

フードコーディネーター たなかのりこ

フードコーディネーター たなかのりこ

フリーライターでフードコーディネーター。ズバリ「おいしい」という感動を伝えたくて書き続ける。
只今食と住のはなし更新中。
自身でも男性のための料理講習「メンズクッキング」で講師をし、学ぶ→伝える(教える)を実践中。まだ知らない学びの場の発掘のため、いろんな所に出没します!